Archive for 3月, 2015

3月の例会報告

3月15日(日)、3月の例会は少し春めいた神戸コミスクに40数名が出席し、開催されました。

初めに、備前会長から次の概要の挨拶がありました。

1.家元逝去後、会員の協力のおかげでうまく運営出来ている

2.八房流一門会の方向性は次の通り

・会則に則り、組織的に運営する

・5年~10年後の将来のビジョンを作る

・4月19日の例会の後、3会(協会、一門会、関大研)の総会を開催する

・来年3月に、会則に則り一門会役員の改選する

その後、次の練習をしました。

1.原型

2.八房流基本形

3.神戸祭り

4.皿回し(2回目、3月も開催)

DSC_0497 DSC_0498

3月16日 善香 拝

 

 

泉岳寺 八房の梅 ほぼ満開です

2、3日前会員の高良さんが泉岳寺へ行かれたそうです。

その時の写真を頂きました。ほぼ満開ですね。

27-3

そして、今日(3月14日)、加賀森田流の森田さんが今日開通した北陸新幹線の始発電車で東京へ行かれました。

その足で泉岳寺へ。「梅は満開に咲いているよ」と電話を頂きました。

一昨年、みんなで東海道を運んだ「我らが八房の梅」が満開に咲いたのです。

嬉しいですね。

さて、つぎの楽しみは「実が成る」ことです。

また、どなたかその様子をお知らせてください。楽しみにしています。

3月14日 善香 拝

金沢と五箇山を訪れました

去る2月27日、28日、金沢と五箇山を訪れました。

金沢では、加賀森田流の初代宗家 森田様と懇談しました。

金沢は北陸新幹線が3月14開通のためとあって、金沢駅付近はお祭りムード一杯でした。

開通しますと、東京から金沢まで2時間強とか。今までより1時間以上短縮。

森田様との懇談では、次のことを中心に懇談しました。

・「選手権大会、世界大会」に続く大会について

・協会の運営全般

1425029795708

(北陸新幹線開通 まじかの金沢駅の「鼓門」を前に)

 

森田様との懇談を終え、夕方五箇山へ。五箇山はまだ、2m近くの雪をあり、この日も

朝から雪模様。まだ、春が遠い感じでした。

当地での懇談は、協会から美都香さんと筆者(善香)、こきりこ保存会からは

大瀬さんと高桑さん。(翌日岩崎さんとも懇談)

内容は、森田様と同じく

・「選手権大会、世界大会」に続く大会について

です。

DSC_0446

(定宿の弥次兵衛で、大瀬さん、高桑さんと)

なお、美都香さんは、仲間3人と当日の午後近くの老人施設を訪問され、南京玉すだれ、皿回しなど披露。

大変好評だったそうです。(1月にも訪問されています)

(まとめ)

今回の訪問での関係者の意見は、次の通り。

・5回続けた大会(選手権大会、世界大会)は継続して行こう

・「競い合う大会」より「交流する大会」が良いのではないか

・こきりこ保存会は今後も協力するし、南京玉すだれ関係者をいつでもウエルカムの態度

 

今後は、全国の南京玉すだれの愛好者が楽しめる大会に向けて、各方面の方々と連絡を取り合っていきたい

と思います。

3月1日 善香 拝